開催日
2020年 8 26日(水) 14:00~
新時代働き方革命
働き方

ニューノーマルな働き方へようこそ。

~コロナが変えた仕事意識と本当の働き方改革~

議題:ディスカッションテーマ


意識・組織

リモートワークで
組織力を高めることはできるのか?

環境・ITツール

生産性を高める
リモート環境構築のためには
何が必要なのか?

経営・営業

コロナ(ニューノーマル)は
本質的に何を変化させたのか?


Special Guest

株式会社ワーク・ライフバランスのロゴ 株式会社ワーク・ライフバランス

小室 淑恵氏のポートレート
代表取締役社長 小室 淑恵

1000社以上の企業へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げる「働き方見直しコンサルティング」の手法に定評がある。安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省産業構造審議会、文部科学省 中央教育審議会などの委員を歴任。著書に『プレイングマネージャー「残業ゼロ」の仕事術』(ダイヤモンド社)『働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例20社』(毎日新聞出版)『6時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター)『マンガでやさしくわかる6時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター)等多数。「朝メール.com」「介護と仕事の両立ナビ」「WLB組織診断」「育児と仕事の調和プログラム アルモ」等のWEBサービスを開発し、1000社以上に導入。「WLBコンサルタント養成講座」を主宰し、1600名の卒業生が全国で活躍中。 私生活では二児の母。

Panelists

Asana Japan 株式会社のロゴ Asana Japan 株式会社

田村 元氏のポートレート
代表取締役
カントリーマネージャー
田村 元

25年以上にわたりビジネスアプリケーションを通じて企業のパフォーマンス向上に従事。特に、SaaSビジネスに関しては、2000年代後半の日本におけるクラウドコンピューティング黎明期から、常に先駆的な立場でクラウド活用による業務効率化を推進してきた。
SAPジャパンではマーケティングバイスプレジデント、ネットスイート株式会社の代表取締役、株式会社パソナテキーラ代表取締役、日本マイクロソフト業務執行役(ビジネスアプリケーション)などを経て、2019年7月より現職。

Slack Japan 株式会社のロゴ Slack Japan 株式会社

佐々木 聖治氏のポートレート
日本法人代表 佐々木 聖治

2018年2月よりSlack Japan株式会社のカントリーマネジャーに就任し、日本の事業責任者および代表としてSlack Technologies, Inc.の地域事業統括及び日本での拡大展開を指揮する。
Slack入社以前は、米SuccessFactors, Inc.の日本法人社長を経て、約5年間にわたりSAP Japan株式会社にて、人事人財ソリューション事業統括本部長としてSAP SuccessFactorsビジネスの日本市場における急成長を牽引した。また、米セールスフォース・ドット・コムの日本法人にて、エンタープライズビジネス部門の戦略アカウントマネジャーとして営業の経験も有する。
米ワシントン大学にて国際経営学の学士号を取得。

ZVC Japan 株式会社 (Zoom)のロゴ ZVC Japan 株式会社 (Zoom)

佐賀 文宣氏のポートレート
カントリーゼネラルマネージャー 佐賀 文宣

2019年2月にZVC Japan 株式会社 (Zoom Video Communications, Inc.の日本法人)へ入社。
ZVC Japan入社前は、2013年からヴイエムウェア株式会社でパートナービジネスを統括。2006年から2013年にかけては、シスコシステムズ合同会社に在籍し、同社が買収したWebexのパートナー開拓に携わる。1992年に日本アイ・ビー・エム株式会社へ入社し、大和研究所にてThinkPadの開発部門に配属。その後は2006年まで、同社PC部門で日本およびアジア太平洋地域担当プロダクトマーケティングやパートナーセールスに携わる。
1992年北海道大学工学部修士課程を修了。

Moderator

株式会社インプレスのロゴ 株式会社インプレス

川上 潤司 氏のポートレート
IT Leaders 編集委員 川上 潤司

1989年 日経BPに入社。「日経コンピュータ」「日経情報ストラテジー」などの専門媒体で先端テクノロジーや企業経営に関連する記事の企画・執筆・編集業務を担当。2008年 インプレスグループに移り、「IT Leaders」創刊プロジェクトに参画。編集長を務めた後、現在は編集委員として関与する。


Agenda

電車通勤、定時出社・退社、お気に入りランチ、つらい残業、楽しい飲み会...、
当たり前のワークスタイルが突如として“在宅”となり、コミュニケーションはモニターの向こう側。
なんだかさみしいけれども、働き方に「選択と集中」の概念を取り入れたとしたらリモートワークは最適解なのかもしれない。

本セッションではこれからのスタンダード「新しい生活様式」に向けて、リモートワークをいかに効率よく(楽しく!)仕事するかについて座組む。

 

ゲスト単独講演

20 分 14:05-14:25
株式会社ワーク・ライフバランス

代表取締役社長 小室 淑恵

リモートでも職場でも生産性高く働く!経営戦略としての働き方改革

長年続いてきた日本特有の長時間労働や年功序列の概念が新型コロナをきっかけに一変しようとしています。
「リモートでも問題なく働ける」ではなく、むしろ今まで以上に成果と利益が出て、チームワークは高くなるような働き方にするには?すでに挑戦している企業とそうでない企業で大きな差が出ています。
ニューノーマルな働き方に必要な意識、マネージャーに必要なスキル、そして会社が提供すべき環境やツールについてお話いたします。

パネルディスカッション

45 分 14:25-15:10

Q&A

15 分 15:10-15:25